技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KT-130058  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 ガイド波超音波法による鋼材等の損傷調査技術
ジャンル 橋梁(道路,鉄道),道路附属物(道路)
技術概要 本技術はコンクリート等に埋設された鋼材等の損傷を非破壊で調査する技術で、従来は、掘削・目視・復旧による調査で対応していた。本技術の活用により、支柱1本あたりの費用を低減できるため、経済性の向上が図れる。
点検等上の特徴 本技術の特徴として、
・本技術は超音波の一種であるガイド波を利用しており、表裏面の損傷検知が可能である。
・表裏面の損傷検知が可能であるが、損傷がどちらにあるかの識別は困難である。
・損傷検知において腐食等の状況(大きさなど)は確認できるが、残存板厚の測定は困難である。
点検等対象の材質 超音波が伝搬するもの(主に金属材料)に適用する。
適用可能な範囲は、
・調査対象箇所近傍に超音波センサが設置可能な平坦な面があること
・適用可能な支柱の直径は50mm以上
・適用可能な板厚は6mm~30mm(これ以外は検討が必要)
点検等の項目 照明柱、標識柱及びトラス橋鋼材等のコンクリートなどに埋設されている箇所の腐食や割れ等の損傷を掘削作業を必要とせず、非破壊的に調査を行う。
新技術の活用により期待される効果 従来法に比べ、
・費用低減、工程短縮が可能であることから、経済性の向上が図れる。
・従来法では見逃す恐れのある内面の損傷検知が可能であることから、品質の向上が図れる。
・機材が小型軽量であることから、施工性の向上が図れる。
・騒音や粉じんなどが発生しないため、周辺環境への影響抑制が図れる。
関連URL
開発会社 なし
公募

点検関連工事・業務等における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期 点検等名
工事・業務等名 発注者
写真
実績2 工期 点検等名
工事・業務等名 発注者
写真
実績3 工期 点検等名
工事・業務等名 発注者
写真
実績4 工期 点検等名
工事・業務等名 発注者
写真
実績5 工期 点検等名
工事・業務等名 発注者
写真

連絡先

郵便番号 290 - 0056
住所 千葉県市原市五井9138
連絡担当者 非破壊検査株式会社 、 森 雅司
TEL 0436-22-1521
メールアドレス mori@hihakaikensa.co.jp

Copyright 2013, New Technology Information System.All Rights Reserved..