技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KK-130032  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 ロード・スキャン・ビークル
ジャンル トンネル(道路),橋梁(道路),舗装(道路),道路附属物(道路),土工(道路),滑走路等舗装構造物(空港)
技術概要 電磁波レーダを用いて路面下の空洞・舗装体の劣化箇所を抽出する技術であり、探査車両で一度走行することで幅2.1m分(29測線分)の画像データを取得し、地中を三次元で把握することができる。また、探査車両にGPS等を用いることで誤差が50cm以下となるような精度の位置情報を取得できるシステムである
点検等上の特徴 時速80km/hでの調査が可能であるため、一般道路・高速道路において、調査時の交通規制が必要ない。取得したレーダ画像から空洞位置の検出ができ、その平面形状も把握することができる。
点検等対象の材質 車両通行が可能な道路(アスファルト舗装・コンクリート舗装・未舗装)で調査可能
点検等の項目 路面下空洞調査・堤防道路空洞調査・護岸空洞調査(平地)・空港滑走路ブリスタリング調査・舗装体の劣化調査
新技術の活用により期待される効果 道路横断方向探査幅2.1mに対して29測線分(7.5cm間隔)、道路縦断方向は最小1cmピッチでデータを取得するため測定間隔が密なデータとなる。交通規制を行えない場所での調査が可能となる。高速走行での探査が可能なので、広範囲・長距離の調査の場合、調査時間の短縮になる。
関連URL http://www.dksiken.co.jp
開発会社 株式会社 土木管理総合試験所
公募

点検関連工事・業務等における活用実績

活用工事・業務件数 4 件
実績1 工期2013年8月6日 ~ 2013年9月3日 点検等名堤防道路調査
工事・業務等名河川堤防3D-GPR探査計測業務 発注者独立行政法人土木研究所
写真
実績2 工期2013年7月24日 ~ 2013年8月27日 点検等名路面下空洞調査
工事・業務等名路面下空洞調査(一次調査) 発注者奈良県平群町
写真
実績3 工期2013年5月31日 ~ 2013年8月31日 点検等名堤防道路空洞調査
工事・業務等名管理用通路空洞化調査補助作業 発注者国土交通省 近畿地方整備局 福井河川国道事務所
写真
実績4 工期2013年8月1日 ~ 2013年8月30日 点検等名路面下空洞調査
工事・業務等名名神高速道路藤下地区地下横断函渠工事沈下計測Bの内空洞調査 発注者中日本高速道路株式会社
写真
実績5 工期 点検等名
工事・業務等名 発注者
写真

連絡先

郵便番号 599 - 8237
住所 大阪府堺市中区深井水池町3048番
連絡担当者 株式会社 土木管理総合試験所 物理探査事業部 垂水 稔
TEL 072-242-8562
メールアドレス m-tarumi@dksiken.co.jp

Copyright 2013, New Technology Information System.All Rights Reserved..